Google Workspace で no-reply アカウントを作る

Google Workspaceで no-reply@domain.jp など送信専用の設定をする。

  • https://admin.google.com/ から管理コンソールに入り、ドロワメニューから 「アプリ」 -> 「Google Workspace」-> 「Gmail」を選択。

  • 「ルーティング」をクリックしルーティング画面に移動したら、その中の項目の「ルーティング」にある「設定」または「別のルール追加」を選択。

  • ルーティング設定の名前を入力(例: 送信専用アドレス)

  • 影響を受けるメールでは「受信」を選択

  • 「上記の種類のメッセージに対し、次の処理を行う」で「メールを拒否」を選択

  • 拒否用通知にメールが送信できないことを伝えるメッセージなどを入力(例: このメールアドレスは送信専用です。)

  • オプションを表示する

  • 「影響を受けるアカウントの種類」で「ユーザー」を選択

  • エンベロープ フィルタ」で「特定のエンベロープ受信者にのみ適用する」を選択

  • 送信専用にしたいメールアドレスを入力

  • 保存

react-native-soundでダッキングしたい(iOS)

オーディオセッションを共有して同時に音を出した状態にするとき、ダッキングと言って片方の音を小さくして片方を目立たせることができる。

iOSネイティブ開発では AVAudioSessionCategoryOptionDuckOthers を指定すればこれが実現できるが、react-native-sound では対応していなかったのでパッチを当てた。

RNSound.m

withOptions:AVAudioSessionCategoryOptionMixWithOthers | AVAudioSessionCategoryOptionAllowBluetooth

ここを

withOptions:AVAudioSessionCategoryOptionMixWithOthers | AVAudioSessionCategoryOptionDuckOthers

こうする。

ちなみに変更前の AVAudioSessionCategoryOptionAllowBluetooth はダッキングしなくても消さないとエラーコード 560557684 の cannotInterruptOthers エラーが出たので消す必要あるかも。

iOSアプリの表示アイコンが Display Name を変更しても変わらない

Xcodeの Targets -> General -> Identity の Display Name を変更してもアプリの表示名が変わらなかった。

info.plist で Bundle display name を加えて value に表示したいアプリ名を指定するとアプリ名が変わり、解決した。

ちなみに Bundle display name を変えると Display Name もその値に変わる。

Objective-cメモ

@react-native-firebase/auth: "16.0.0"のobjcのコードを読まなきゃいけない機会があったのでそれを元にobjcの文法をメモる。

変数の前につく * ってなに

NSDictionary *authCredentialDict = nil;

ポインタであることを表す。

NSDictionaryはobjcのオブジェクト型であり(C由来のプリミティブ型ではない)、オブジェクトはポインタとして扱う必要があるので変数名の前に * をつけている。

メソッド定義

- (NSDictionary *)firebaseUserToDict:(FIRUser *)user {
...
}

これは NSDictionary型の の戻り値があり、FIRUser型の引数 user をとる firebaseUserToDict というメソッドを定義している。

2つ目の引数から定義の方法がちょっと違う

- (void)promiseWithUser:(RCTPromiseResolveBlock)resolve
               rejecter:(RCTPromiseRejectBlock)reject
                   user:(FIRUser *)user {

第二引数以降は「ラベル」をつける(任意だけど基本つける)。

ラベル:(型):引数名 となる。

呼び出し元からはラベルを指定して引数を渡すことができる。

メソッドの呼び出し

[self promiseWithUser:resolve rejecter:reject user:userAfterUpdate];

[クラス or インスタンス名 メソッド名:第一引数 (ラベル):引数];

return @{} の@ってなに

// firebaseUserToDict
return @{
...
};

objcのオブジェクトを表す。

objcにはC言語由来のプリミティブ型とobjcで使用できるオブジェクト型が存在する。オブジェクト型を使用するには値の先頭に @ をつけないといけない。

@{}内のデータで、@がついているフィールドとついてないフィールドがあるが、なに

// firebaseUserToDict
return @{
    ...
    keyEmail : user.email ? (id)user.email : [NSNull null],
    @"emailVerified" : @(user.emailVerified),
...
}

キーは既にNSStringで定義されているもの。値はオブジェクトにしなければいけないため。

キーで keyEmail と @"emailVerified" がある。keyEmailは既に static NSString *const keyEmail = @"email"; と定数化されているものを使用している。

値に関してはまず user.email はNSString であり、それをそのまま使用している。

user.emailVerifiedは BOOL なのだが、NSDictionary はプリミティブを値に持てない。なのでこれをオブジェクトにする必要がある。この場合はNSNumberに解釈される。(BOOLはYESなら1, NOなら0を返す)

(id)user.email の (id) は型キャスト。

JS Bundleの中身を見たい

ReactNativeアプリを実行する時、JSコードは Metoro によって JS Bundle という1つのファイルにバンドルされる。

そのバンドルの中身はローカルでMetoroが起動している状態の時に

http://localhost:8081/index.bundle?platform=ios&dev=true&minify=false

で確認することができる。

ファイルはデバイスのメモリに置かれているので、プロジェクトファイルに作成されることはない。

What is metro bundler in react-native? - Stack Overflow

JS あるキーが重複したオブジェクトを取り除く

const a = [
  {
    name: 'Risa',
    age: 22,
  },
  {
    name: 'Ryu',
    age: 20,
  },
  {
    name: 'Risa',
    age: 22,
  },
];

このような配列がある。要素のオブジェクトの name の値が重複しているオブジェクトを1つ取り除きたい。

const mapped = new Map(a.map((_a) => [_a.name, _a]));

Mapインスタンスを作成。a.map((_a) => [_a.name, _a]) で name をキー、_aそのものを値として作成。

この時点で重複が取り除かれる。

// 作成されたMapインスタンス
{'Risa' => {…}, 'Ryu' => {…}}

次にこのインスタンスからイテレーターオブジェクトを作成する。要素が列挙される。

Map.prototype.values() - JavaScript | MDN

const iterator = mapped.values();

Array.fromでイテラブルなオブジェクトを配列に変更する。

Array.from() - JavaScript | MDN

const newArray = Array.from(iterator)

// [{name: 'Risa', age: 22}, {name: 'Ryu', age: 20}]

react-native-mmkvを導入したら Undefined symbols for architecture x86_64 が出た

react-native0.68.4

どうやら react-native-firebase を導入した時にPodfileに加えた use_frameworks! が原因っぽい。

結論としては、react-native-mmkvを静的ライブラリとして読み込んであげると解決した。

pre_install do |installer|
  installer.pod_targets.each do |pod|
    if pod.name.eql?('react-native-mmkv')
      def pod.build_type;
        Pod::BuildType.static_library
      end
    end
  end
end

pre_installはpodをインストールする前に何らかの変更を加えてくれる。

BuildType.static_libraryにより静的ライブラリとして登録。

github.com

www.rubydoc.info

www.rubydoc.info